FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

接着剤 にかわ

 管理人が無添加住宅での接着剤で一番に思い浮かべるのが、にかわです。

 漢字で書くと「膠」。読めそうで読めず、書けそうで書けないっていう感じですね。

 動物や魚の骨や皮を煮て作る、にこごりみたいなものだそうで、冷えると固まり、熱すると融けやすいという性質から分解してメンテナンスする必要のある弦楽器などにも使われているそうです。
 
 管理人は貧乏性なので、弦楽器、と聞いただけで高級感を感じてしまいます(笑)

 にかわは特に横方向の接着力が強いらしく、管理人宅ではフローリングの接着に使われる予定です。

 愛想が無い、そっけない、という意味で使われる「にべもない」の「にべ」はスズキ目ニベ科の魚のことで、その浮き袋から作るにかわのことだとか。漢字も同じ「膠」ですね。

 何となく現代の科学技術で作る接着剤の方が昔より進化していて、強力な気がしますが、そうでもないようです。使い勝手の問題かもしれません。

 参加してみました↓
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

漆喰④ 漆喰と珪藻土

 無添加住宅と言えば大きな特徴の一つに挙げられる漆喰。
 で、漆喰ってどんな物?とネットで検索してみると比較されることが多いのが珪藻土。

 じゃ、珪藻土って何?と調べてみると色々出てきます。
 調湿作用、防カビ、etcetc....

 管理人も調べていろんなサイトを見るうちによく分からなくなってきたのですが、必ず検索にかかるのが、

 「珪藻土 発がん性」

という言葉。
 
 それだけで駄目じゃん!と言うのは簡単ですが、もうちょっと調べてみると「気にするほどのことではない」とか「ドイツでは発がん性が指摘されている」とか出てきます。

 実際担当のSさんに「珪藻土ってどうなんですか?」と聞いた時に、「発がん性がドイツで指摘されてるんです。」と最初に言ってました。
 
 でもそれを否定する人もいる。

 タバコみたいですね。吸ってても肺がんにならない人もいれば吸わないのに肺がんになる人もいる。

 結局長期間に渡る人体実験です。住んでみないと分からない。
 実際問題、結果がでるのがずっと先なら、珪藻土だけが原因でガンになったなんて誰も証明できないかと。

 管理人は「珪藻土?そんなのあるんだ。まぁ別に漆喰でいいや」

という非常に浅い認識しかなかったのでそもそも選ぶ対象にすらなりませんでした。真剣に悩んでる方いたらすみません(笑)

 余談ですが、管理人はタバコを吸いません。吸う人に比べて使うお金も少ないはずなのに何故か貯まりません。
 ぶっちゃけ発がん性云々よりこっちの方が問題です(笑)

 参加してみました↓
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

 

漆喰③漆喰とサイディング

 管理人が現在の工務店を選んだポイントの一つに、担当の方の外壁に対する考え方があります。

 現在の担当のSさんは

「基本的にはサイディングはお勧めしてません。」

 選ばなかった方の工務店で話をしてくれた担当の方は

「外壁はメンテナンスを考えてサイディングをお勧めしています。」

この違いをどう考えるか、ですよね。

 どちらを選ぶかは個人の考えですし、メリット、デメリットを天秤にかけて悩みに悩むのも家を建てる楽しみの一つだと思います。

 管理人夫婦は

どうせ無添加住宅で建てるなら無添加にこだわろう

ということと、

サイディングだと外から見て無添加住宅だと分かってもらえない

という「自分たちの家を自慢したい」だけのかなり安易な理由で決めました(笑)


参加してみました↓
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

素材ー漆喰②

 漆喰って何だろうと思って改めてネットで検索してみたら、

 日本漆喰協会

というのを見つけました。びっくりしました。話のネタになりますね(笑)

 よくよく考えると、無添加住宅で建てようとしている人が漆喰のメリット、デメリットを調べない訳が無いので、その辺は置いておいて、管理人の思う所をちらほらと。

 管理人が感じた漆喰の最大のメリットは、「自分で補修出来る」ということです。
 もちろん、器用な方ならクロスでも自分で張り替えたり出来るでしょうが(管理人の父親は自分でやってました)、そこまで器用ではない管理人にはとても無理です。
 なので、少しくらいなら自分で塗って補修が出来る、というのは管理人にとって大きなメリットです。
 
 最初のころの打ち合わせのときに担当のSさんが「こうやって自分で補修できます」と手本をショールームの壁を使って見せてくれたのですが、次の打ち合わせの時に見ても「この辺り・・・かな?」という程度で、言われなければ補修したなんて分かりません。塗り方にもよるでしょうけど。
 
 真っ白なので汚れが目立つかなぁ・・・とも思いますが、スイッチ周りなんかの汚れそうなところは上から塗ってしまえばいいか、なんてポジティブに考えています。

 管理人と奥さんの共通意見として「10年、20年経っても古くさくないようにしたい」というのがあります。
 漆喰なら一緒に年齢を重ねていけるんじゃないかなぁ、と勝手に管理人は思っています。
 上手く言葉に出来てませんが・・こんな感じです(笑)

 参加してみました↓
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 
 

漆喰

 約1年前の記憶を思い出した順に書いてるので何の脈絡もないなぁ・・・と思いつつ書いてます。
 
 実際には内装の打ち合わせもほぼ終わり、地鎮祭などの日程も詰めているのですが、追いつくのはいつになることやら。

 さて、最初のころの打ち合わせで、担当のSさんがビニールのクロスが燃えるとどうなるか、という実験をしてくれました。

 ビニールのクロスを燃やすと・・・・よく燃えます(笑)
 もう一つ、驚くほど臭いです。鼻にツーン、とくる臭さ。他の施主さんも横のテーブルで打ち合わせをしているのに、思わず「臭っ!」と叫んでしまいました。
 
 余談ですが、このとき管理人の友人の一人にバリバリの理系人間がいて、彼から

 「実験の時に着る白衣は綿100%。ナイロンなんかの化学繊維だと一瞬で燃え広がるから危ない」

と聞いたことを思い出しました。今回のテーマと関係はあるような無いような・・ですが。
 
 うん、火事を出さないのが一番なんだけど、万一の時のことを考えたらこんな物使ってる家で暮らせない。百聞は一見に如かず。

 漆喰も燃やしてくれたんですが、中々燃えませんでした。臭くもありませんでしたし。
 ただ、燃えているのに気づくのに時間が掛かりそう、とも思ったり。

 まぁ、捉え方は人それぞれですね。
 クロスにも良い所があるから多くの家に使われているんでしょうし。

 ただ、クロスだと長男が破ったりしちゃいそうなので我が家は漆喰一択です(笑) 

 参加してみました↓
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村 
 

 
 
 
プロフィール

samou

Author:samou
 無添加住宅での新築日記です。同じような方の参考になれば・・と思ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
来てくれた皆様